2018. 06. 12

J-Startup 企業に選定されました

経済産業省のJ-Startupプログラムにおける「J-Startup企業」に選定されました。J-Startupプログラムとは、世界で戦い勝てる企業を生み出し、革新的な技術やビジネスモデルで世界に新しい価値を提供することを目的とした、官民の連携によるスタートアップのグローバル展開支援プログラムです。本支援を活用させていただき、グローバルレベルでの研究・事業開発により一層注力していきます。

詳細はこちら

2018. 02. 15

世界最大級のウインタースポーツ展示会に当社繊維 「Q/QMONOS(ロゴ)®」を使用したスキージャケ ットプロトタイプが展示されました

当社の共同開発パートナーである株式会社ゴールドウインは、GOLDWIN ブランドの海外事業戦略強化 の一環として、アメリカ・デンバーで開催された 「Outdoor Retailer + Snow Show 2018」と、ドイツ・ ミュンヘンで開催された世界最大級のウインタース ポーツ見本市「ISPO Munich 2018」に出展。
その中で、当社の人工合成クモ糸繊維「Q/QMONOS(ロゴ) ®」を採用した GOLDWIN SKI JACKET のプロトタイプが参考出品されました。
「Q/QMONOS(ロゴ)®」は、Spiber 株式会社の登録商標(登録第5618107号、及び登録第5625912号)です。

2016. 09. 30

MOON PARKA発売延期に関するお知らせ

MOON PARKAの発売時期を、2017年以降に延期することといたしましたので、お知らせいたします。
新たな発売日につきましては明確になり次第、改めてお伝えいたします。
今後ともより良い製品をご提供するべく共同開発に一層の努力をしてまいりますので、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

詳細はこちら

2016. 05. 23

G7 伊勢志摩サミット2016でMOON PARKAが展示されます

G7伊勢志摩サミット2016の開催に併せて設置された国際メディアセンターアネックス内政府広報展示スペースの展示品に、「伝統」と「革新」、及び国際社会が直面する様々な課題の解決に資する日本の技術として、当社の新世代バイオ素材を用いたプロトタイプ製品MOON PARKAが選出され、展示協力をします。

G7 伊勢志摩サミット2016 政府広報展示の概要
【期 間】 :2016年5月24日(火)~5月28日(土)
【会 場】 :〒516-0021 三重県伊勢市朝熊町鴨谷4383-4 サンアリーナ国際メディアセンター(IMC)アネックス
【来場者】 :報道関係者(国内、海外)、他

詳細はこちら

2016. 04. 28

庄内空港にてMOON PARKAが展示されます

2016年4月28日より庄内空港2F出発階にて、MOON PARKAが展示されます。
お近くにお越しの際は是非ご覧ください。



【場 所】:〒998-0112 山形県酒田市浜中字村東30-3
庄内空港ビル2F 展示スペース
【開館時間】:6~18時
入場無料、駐車場無料
 
詳細はこちら

2016. 04. 21

TEPIA先端技術館にてブルードレスが展示されます

2016年4月22日よりTEPIA先端技術館の「体感しよう!未来を拓く先端技術」をテーマにした常設展において、次世代バイオ素材、人工クモ糸繊維で作られたブルードレスが展示されます。
2017年の春まで展示の予定となっておりますので、お近くにお越しの際は是非ご覧ください。

【場 所】:107-0061 東京都港区北青山2-8-44
【交 通】:東京メトロ銀座線外苑前駅3番出口から徒歩4分
【開館時間】:10~18時(土・日・祝日は10~17時)
【休館日】:月曜日(祝日・振替休日の場合は開館して翌平日休館)
入場無料
 
詳しくはこちら

2015. 10. 08

THE NORTH FACEと共同開発したプロトタイプ「MOON PARKA」を表参道ヒルズにて発表しました

当社はスポーツアパレル分野において新世代高機能素材を用いた製品の共同開発を進めるため、株式会社ゴールドウインとの事業提携契約を締結しました。
当社が世界で初めて開発に成功した人工合成クモ糸素材「QMONOS™」を用いたスポーツアパレル製品開発の皮切りとして、株式会社ゴールドウインが日本国内で展開するアウトドアのリーディングブランド「THE NORTH FACE」(ザ・ノース・フェイス)から共同開発のプロトタイプ「MOON PARKA」(ムーン・パーカ)を発表しました。月は人類が到達した中で最も遠く、過酷な極地です。「MOON PARKA」は、未踏の極地を探求する強い意志と姿勢、そしてこのプロジェクトが持つ無限の可能性を表現しています。

詳細はこちら