2014. 11. 04

ImPACT始動と25億5,000万円の調達でグローバル展開に向け事業加速

当社は、内閣府創設の「革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)」における鈴木隆領氏(元小島プレス工業株式会社取締役)をプログラム・マネージャー(PM)とする研究開発プログラム「超高機能構造タンパク質による素材産業革命」が10月2日付で内閣府により正式に承認され、スパイバーがコア研究組織として指名選定されたことを受け、参画機関とともに研究開発プログラムを始動致しました。
また、研究開発およびグローバル展開に向けた体制構築推進のため、10月31日付けで、総額25億5,000万円の第三者割当増資を実施致しました。増資後の資本金は20億5,533万円(資本準備金20億4,533万円)となります。

詳しくはこちら